名刺管理について

名刺交換はただ単に「挨拶」「社交辞令」ではなく、その後の関係を築くための第一歩です。

そのため、積極的に名刺交換したり、異業種交流会等に積極的に出席して様々な人と名刺交換するビジネスマンは珍しくありませんが、いくら名刺を交換しても、連絡する際に名刺が見つからなければ意味がありません。

つまり、名刺は交換そのものが目的なのではなく、いつでも連絡できる状態にしておくこと、つまりは「管理」が大切なのです。 続きを読む

名刺の印刷用紙は種類がある?用途別に選ぶのが正解

一昔前までは、職種に関わらず名刺の印刷用紙もデザインも同じようなものが使われていましたが、今は用途に合わせて選ぶのがスタンダードです。

クリエイターであれば名刺で自分の作品のクオリティを表現できますし、ファッション関係であれば光沢のある印刷用紙でトレンド感を演出できます。

名刺は自分の情報を伝えるだけではなく、仕事のイメージにも結びつくツールなので、印刷用紙にもこだわりましょう。 続きを読む

名刺に載せる肩書の適切な英語表記まとめ

最近は、日本人同士であっても代表取締役のことをCEOと紹介したり、海外に取引先がない企業でも名刺の役職の肩書きを英語表記にしたりするところが増えています。

英語表記にすると確かに見栄えもいいですし、個人事業主であっても会社のイメージもランクアップします。

ただし、代表取締役であっても英語表記はCEOだけではなくCOOやCFOなどさまざまな種類があります。

肩書きは業務範囲や決定権などに関わるので、適切な英語表記をすることはとても重要です。 続きを読む

名刺入れも印象付けにつながる?

ビジネスチャンスを逃さないために大切なのが、名刺交換です。ですが、名刺交換で相手に好印象を与えるには、名刺そのものに加えて、名刺入れも大切です。 続きを読む

高級用紙でワンランク上の名刺作成

名刺はビジネスシーンで欠かせないツールで、相手に覚えてもらうため、次の機会につなげるためなど、営業活動において重要な役割を果たします。

名刺に使える用紙はさまざまで、高級感のある用紙で名刺を作ることもできます。 続きを読む

印象に残る!名刺の作り方のポイント

名刺は、ビジネスシーンにおいて重要な役割を果たします。

シンプルな名刺もいいですが、より相手の印象に残るような名刺を作れば、あとから相手に思い出してもらいやすくなりますよ。

また、会社や自分の個性をアピールできるようなユニークな名刺は、その後の会話にもつながります。

今回はそんな印象に残る名刺の作り方のポイントをご紹介いたします。 続きを読む

海外と日本、名刺交換マナーの違いとは

ビジネスの場において、海外の方と一緒に仕事をする機会があると、名刺交換での相手の作法に戸惑うことがあるかもしれません。ですが、海外の方と一緒に仕事をする機会があるのなら、日本と海外ではビジネスマナーも、そして名刺の考え方もかなり違っているということを理解しておく必要があるでしょう。

そこで今回は、日本での名刺交換と海外の名刺交換の違いについてご紹介します。 続きを読む

名刺に使うフォントの選び方

ビジネスマンの必須アイテムである名刺は、相手に印象を与える重要なものです。

名刺作成の際は「ビジネスシーンに最適なフォントは何だろう?」と、フォント選びに迷うことがありませんか?勤務先でデザインが統一されている場合は簡単ですが、最初から考えるのは難しいもの。そこで今回は名刺に使うフォントの選び方についてご紹介します。 続きを読む

【豆ちしき】名刺の大きさ・寸法

仕事をしている人なら日常的に名刺交換の機会があると思いますが、名刺のサイズはほぼどれも同じです。

ここでは、名刺の大きさや寸法についての豆知識を紹介していきます。 続きを読む

名刺の黄金比を理解して人目を惹く名刺作成に活用しよう

初対面の相手に手渡す名刺はビジネスマンの必須アイテムのひとつ。

氏名、社名や役職、電話番号をはじめとするビジネス上で必要な情報が盛り込まれているため、自分や会社の存在を売り込むマストアイテムとして知られています。

ただ、名刺交換はあいさつ代わりの日常茶飯事になっているため、何の変哲もない普通の名刺では相手にインパクトを与えられません。場合によってはそのまま名刺入れにしまわれ、二度と思い出されることがないなんてことも…。

そんな悲劇に見舞われないためにも、黄金比を活用して記憶に残る印象的な名刺作りを心がけましょう。 続きを読む