名刺に載せる肩書の適切な英語表記まとめ

最近は、日本人同士であっても代表取締役のことをCEOと紹介したり、海外に取引先がない企業でも名刺の役職の肩書きを英語表記にしたりするところが増えています。

英語表記にすると確かに見栄えもいいですし、個人事業主であっても会社のイメージもランクアップします。

ただし、代表取締役であっても英語表記はCEOだけではなくCOOやCFOなどさまざまな種類があります。

肩書きは業務範囲や決定権などに関わるので、適切な英語表記をすることはとても重要です。

名刺の肩書きの適切な英語表記一覧

名前や住所などの英語表記はフォーマットが決まっているので、間違って表記してしまうことはありません。

しかし、肩書きは同じ英語圏であっても国によって解釈が異なることがありますし、企業の業務内容などによっても変わってくるので、間違えないようにしっかりチェックしましょう。

ここでは、よく使われる役職や部署の英語表記をまとめているので参考にしてください。

役職名の肩書きの英語表記まとめ

*会長:Chairman/Chairperson/Board Chairman

*副会長:Vice Chairman/Vice Chairperson

*代表取締役:Representative of Director/Representative Director

*社長:President

*副社長:Executive Vice President

*専務取締役 Senior Managing Director/Executive Vice President

*常務取締役:Managing Director/Executive Managing Director

*取締役:Director

*社外取締役:Outside Director

*執行役員:Corporate Officer

*監査役:Audit&Supervisory Board Member/Division Director

*相談役・顧問:Senior Adviser/Corporate Adviser

*事業本部長:Division Director/Chairman of the Board

*事業副本部長:General Manager

*部長:General Manager/Department Manager

*部長代理:Acting General Manager

*次長:Deputy General Manager/Assistant General Manager

*課長:Section Manager

*課長代理:Acting Section Manager

*係長:Subsection Chief/Chief Clerk

*主任:Chief

*工場長:Plant Manager/Factory Manager

*支店長:Branch Manager/General Manager

最高責任者の英語表記まとめ

欧米では、同じ最高責任者であっても「何の」最高責任者なのかを明確に表記します。

最高責任者の英語表記はもっとも間違えやすいので注意しましょう。

*最高経営責任者(CEO)/Chief Executive Officer

*最高執行責任者(COO)/Chief Operating Officer

*最高技術責任者(CTO)/Chief Technology Officer

*最高情報責任者(CIO)/Chief Information Officer

部署名の肩書きの英語表記まとめ

*社長室:Office of the President

*秘書室:Secretariat

*総務部:General Affairs Department

*法務部:Legal Department/General Affairs Dept

*財務部:Finance Department

*人事部:Human Resources Department/Personnel Department

*経理部:Accounting Department

*営業部:Sales Department

*販売促進部:Sales Promotion Department

*海外事業部:Overseas Operations

*生産管理部:Production Control

*品質管理部:Quality Control

*購買部:Purchasing Department

*開発部:Development Department

*技術部:Engineering Department

*製造部:Manufacturing Department

*輸出部:Export Department

*広報部:Public Relations Department

*宣伝部:Advertising Department/Public Relation Department

*企画部:Planning Department

*情報システム部:Information Systems Department

*マーケティング部:Marketing Department

*お客様サービス部:Customer Service Department

適切な英語表記はビジネスマンの必須スキル!

せっかく英語表記の肩書きを入れているのに、間違った意味で伝わってしまったら仕事に差し支えるかもしれません。

そもそも、日本語表記でも英語表記でも適切な表記が出来ていなければ、その時点で会社も自分も相手から「正しい肩書きも書けない程度のスキル」というレッテルを貼られてしまいます。

グローバルな仕事をしている方はもちろん、これから世界に進出していく企業であればなおさら正確な英語表記が求められるので、適切な英語表記スキルを身につけてスマートなビジネスライフをスタートさせましょう。

CONTACT

お客さまが抱える課題をはじめ、名刺に関わることであればなんでもお気軽にご相談ください。
後日、担当者からメールまたは電話にてご連絡いたします。

TEL:03-5396-3620[ご相談窓口 平日10:00〜18:00]