お役立ちコラム

男性新入社員向け!名刺入れの選び方のポイント

新入社員の男性が名刺入れを選ぶならシンプル・無難なものを!

男性新入社員が初めて自分の名刺入れを選ぶ、またはお世話になった人や彼氏に初めて名刺入れをプレゼントするなら、

  • 色は黒系v
  • ロゴ・柄などの入っていない無地
  • 素材は革製

といった、シンプルな商品を選ぶことをおすすめします。 続きを読む

働き方改革に伴い名刺管理システムを導入するメリットや種類と選び方について

働き方改革に伴い名刺管理システムを導入するメリットや種類と選び方について

名刺はビジネスに欠かせない存在ですが、1枚1枚の紙の名刺を自力で管理するのは骨が折れる作業でもあります。
管理が大変な名刺をデジタルデータ化して一括管理できる名刺管理システムは、働き方改革政策の注目が高まる中、導入する企業が増えてきています。
この記事では、名刺管理システムの導入によって得られるメリットや、その種類と選び方について紹介しています。
導入する前にチェックしてみてください。 続きを読む

自社オリジナル封筒の印刷を発注しよう

自社オリジナル封筒の印刷を発注しよう

会社で封書を送付する際、市販されている無地の封筒を使用しているのなら、自社オリジナルの封筒の作成を検討してみてはいかがでしょうか。
オリジナルのアイテムを使えば、会社のイメージアップや業務効率改善などのメリットが得られるため、いまやビジネスには欠かせない存在となっています。

こちらの記事では、ビジネスでよく用いられている封筒の大きさや種類、ネットでの印刷発注の流れをご紹介していますので、参考にして発注の際に役立ててください。 続きを読む

名刺の処分・廃棄方法について

名刺の処分・廃棄方法について

名刺には大切な個人情報が記載されています。そのため、名刺の処分・廃棄方法についてどのようにしたらよいのかと迷う方も少なくありません。

ここでは、名刺の処分・廃棄方法について、5つの注意点を詳しく紹介します。 続きを読む

名刺を使って業務効率改善を目指すには

名刺を使って業務効率改善を目指すには

ビジネスパーソンに欠かせないツールの一つである名刺は、各社員がそれぞれ個人で管理されていることが多いのではないでしょうか。
しかしながら、個人で管理していると、いただいた名刺を整理しないままなってしまい、次へうまく活用できていないことも多々あります。

名刺はビジネスの広がりを助ける可能性を持っており、会社全体にとっても重要なものです。
これを一つの部署全体、あるいは会社全体として一括で管理することができれば、様々なメリットが得られます。

この記事では、デジタル管理する方法やデジタル管理の際の注意点も紹介しています。
現在よりもさらなる業務効率改善が期待できますので、検討してみてください。 続きを読む

名刺から情報漏洩….?気を付けたい3つのポイント!名刺はむやみに配布せず、処分の際は注意を

自分自身の名刺や、顧客や取引先の名刺など、仕事をしているとどんどん溜まっていくのが名刺です。しかし、名刺には情報漏洩につながりかねないリスクが存在します。

近年では、名刺に記載された情報をもとに企業へのサイバー攻撃へ発展した事例や、イベント会場で取得された名刺の情報が大量に流出した事件もあり、名刺の管理には最新の注意が必要です。

そこで今回は、名刺から情報漏洩につながらないための注意点を3つご紹介。

名刺はむやみに配布したり、ぞんざいに処分したりせず、情報漏洩のリスクが身近に存在することを常に認識しておくことが重要です。 続きを読む

名刺管理について

名刺交換はただ単に「挨拶」「社交辞令」ではなく、その後の関係を築くための第一歩です。

そのため、積極的に名刺交換したり、異業種交流会等に積極的に出席して様々な人と名刺交換するビジネスマンは珍しくありませんが、いくら名刺を交換しても、連絡する際に名刺が見つからなければ意味がありません。

つまり、名刺は交換そのものが目的なのではなく、いつでも連絡できる状態にしておくこと、つまりは「管理」が大切なのです。 続きを読む

名刺の印刷用紙は種類がある?用途別に選ぶのが正解

一昔前までは、職種に関わらず名刺の印刷用紙もデザインも同じようなものが使われていましたが、今は用途に合わせて選ぶのがスタンダードです。

クリエイターであれば名刺で自分の作品のクオリティを表現できますし、ファッション関係であれば光沢のある印刷用紙でトレンド感を演出できます。

名刺は自分の情報を伝えるだけではなく、仕事のイメージにも結びつくツールなので、印刷用紙にもこだわりましょう。 続きを読む

名刺に載せる肩書の適切な英語表記まとめ

最近は、日本人同士であっても代表取締役のことをCEOと紹介したり、海外に取引先がない企業でも名刺の役職の肩書きを英語表記にしたりするところが増えています。

英語表記にすると確かに見栄えもいいですし、個人事業主であっても会社のイメージもランクアップします。

ただし、代表取締役であっても英語表記はCEOだけではなくCOOやCFOなどさまざまな種類があります。

肩書きは業務範囲や決定権などに関わるので、適切な英語表記をすることはとても重要です。 続きを読む