法人名刺(ビジネス名刺)のテンプレートと作成時のポイントを解説

名刺交換の写真
法人名刺は会社の第一印象を決めるものです。名刺ひとつで以後の取り引きや問い合わせの数が変わることもあります。埋もれてしまう名刺にしないためには、法人名刺に求められるポイントを知ることが大切です。 本記事では法人名刺作成時に意識したいポイントと、テンプレート選びの解説をします。会社イメージを伝え、記憶に残る法人名刺作成にぜひお役立てください。

法人名刺に求められる3つのポイント

法人名刺に求められる3つのポイント 法人名刺を作成する際には必ず守りたい3つのポイントがあります。見やすく、取引に繋がる名刺づくりには不可欠なポイントです。

1. 必要な情報が見やすく記載されているか

法人名刺に求められるのは会社や個人の情報です。必要な情報がひと目でわかるデザインを心がけましょう。 以下は法人名刺に必ず求められる情報の例です。

● 個人の名前(ふりがな付き)
● 役職
● 会社名
● 会社のロゴ
● 住所
● 電話番号
● メールアドレス
加えてキャッチフレーズやサービス内容、地図、QRコードなど情報を追加してオリジナルの名刺にしていきます。情報を詰め込みすぎると見づらくなってしまうため、名刺に記載する情報は厳選しましょう。 また、フォントサイズも名刺の見やすさを大きく左右します。 デザイン性を重視するあまりフォントが小さくなりすぎるのはよくありません。5.5P以上が見やすいフォントサイズですので、これを下回らないデザインがおすすめです。

2. デザインは会社イメージに適しているか

法人名刺は会社のイメージをストレートに相手に伝えます。業種や社風に合ったイメージの名刺づくりが必要です。

● 金融関係:シンプルで清潔感のあるデザイン
● 雑貨や食品を扱う企業:温かみや可愛らしさのあるデザイン

など、名刺と会社の印象を繋げることを意識しましょう。 名刺全体の雰囲気は、色味とフォントが大きく影響します。使用可能な色とフォントを吟味して、会社イメージに合った法人名刺づくりをしてください。

3. 紙や印刷の質は安っぽくないか

名刺に使われる紙やインクの質は幅広く、安いものだと受け取った瞬間にわかることもあります。会社の第一印象になることも多い法人名刺ですので、できるかぎり紙と印刷の質はよいものを選びましょう。 とくに紙質は多くの選択肢があります。また紙質だけでなく、エンボス加工・角丸加工・PP加工などさまざまな特殊加工もありますので、前述した会社イメージから外れないように検討しましょう。

法人名刺に適したテンプレートの選び方

法人名刺に適したテンプレートの選び方 名刺を作るときは印刷会社が用意したテンプレートを使用するのが一般的です。法人名刺に適したテンプレートの選び方を3つ解説します。

1. 全体の雰囲気と色の方向性

テンプレートにはさまざまなテイストのデザインがあります。名刺に何を求めるのかを決め、それに合わせてテンプレートを選んでください。

● 必要な情報だけを確実に伝えたい
● 社員個人のイメージを印象付けたい
● スタイリッシュな会社イメージを残したい
● アットホームで相談しやすい雰囲気を与えたい
● インパクトのある個性的な名刺にしたい

このように目的を明確にしておけば、それに合うテンプレートも見つけやすくなるでしょう。

2. 最初に目がいくポイントを決める

テンプレートのデザインによって、名刺のなかで最も目立つ項目が違います。会社名やロゴ、個人名、キャッチフレーズなど、名刺のなかで最初に見て欲しいポイントを決め、それが目立つテンプレートを選びましょう。 名刺を受け取った人が最初に見てインパクトに残りやすいのは、顔写真・目立つ色・大きな文字・ユニークなフレーズです。どれを重視するか検討し、テンプレート選びの参考にしてください。 また、目立たせたい項目の周囲にある余白にも意識を向けましょう。 見てほしい項目の周囲に、ほどほどの余白を残すと情報が分散せず、見た人の記憶に残りやすいでしょう。余白を作ることでデザイン性も向上しますので、ぜひ「あえて作る空白」も意識してみてください。

3. 対応言語にも意識を向ける

海外とのやり取りがある場合や、外国人との接触がある会社の場合は外国語にも対応した名刺であることも大切です。 テンプレートのなかには、日本語と他言語の両方を掲載できるデザインもあります。せっかく渡したのに言葉の壁によって繋がりが途絶えてしまうことのないように、名刺を渡す相手を想像してテンプレートを選ぶことも大切です。

法人名刺は見やすさと企業に合ったデザインが重要

法人名刺では、必要な情報がすぐに確認できる見やすさと、会社のイメージを伝えられるデザインが大切です。そのうえで印象に残るインパクトのあるデザインを目指しましょう。 名刺を受け取った人が最初に見る部分はとくに重要です。相手に何を伝えたいのか、何を覚えて欲しいのかをよく考えてください。 テンプレートを選ぶときに、自分が最初に見た部分は名刺を受け取った人も最初に見る可能性が高い部分です。「自分がこの名刺を受け取ったらどう感じるか」もあわせて考えてみましょう。
https://www.cyber-nt.co.jp/