男性新入社員向け!名刺入れの選び方のポイント

新入社員の男性が名刺入れを選ぶならシンプル・無難なものを!

男性新入社員が初めて自分の名刺入れを選ぶ、またはお世話になった人や彼氏に初めて名刺入れをプレゼントするなら、

  • 色は黒系v
  • ロゴ・柄などの入っていない無地
  • 素材は革製

といった、シンプルな商品を選ぶことをおすすめします。

世の中には数え切れないほどのブランドがあり、各社さまざまなデザインの名刺入れを販売しています。
しかし、派手なブランドロゴの入った名刺入れや、全体にチェックなどの柄が入っている名刺入れは、ビジネスの場面では適切なアイテムではありません。

一般的な名刺交換は、

  • 名刺入れを手に持つ
  • 名刺入れから自分の名刺を取り出す
  • 相手から名刺をちょうだいして自分の名刺を相手に渡す

という流れで進んでいきます。相手に名刺入れを見せないように名刺交換をすることはほとんどありません。
ビジネスにふさわしくない名刺入れを使っていると、それだけで相手からの心象が悪くなってしまう場合もあるからこそ、無難な名刺入れを選ぶ必要があります。

初対面で相手から悪印象を持たれると、その後の交渉や取引にも影響が出てしまう可能性があります。
わざわざ自分の仕事を不利にするメリットはないため、男性新入社員は無地の無難な名刺入れを使いましょう。

ビジネスシーンで派手な色の名刺入れは好まれない

柄物の名刺入れや大きくロゴの入った名刺入れが好まれないのと同様に、派手な色の名刺入れも、ビジネス用途では避けましょう。
基本的には、黒や茶色といった落ち着きのある色の名刺入れを購入するのがおすすめです。

赤や青など、ひと目を引く派手な色の名刺入れは、無地でもかなり目立ちます。
本人は純粋にその色が好きだから、またはデザインが気に入ったから使っていたとしても、名刺交換をする相手はそういった事情を一切知りません。
人間の第一印象はよほどのことがない限り変わらないので、名刺交換で印象が悪くなると挽回するのは大変です。

集団のなかで協力して仕事を進めていくためには、周囲に合わせる能力も求められます。
職場でスーツや制服を着るのと同じように、ビジネス用の名刺入れは黒・茶といった落ち着いた色の商品を選びましょう。

デザイン性の高い名刺入れはプライベート用に使おう

そのほか、変わったデザインの名刺入れも、基本的にはおすすめできません。会社員として働くということは、会社の看板を背負い、「○○社の○○さん」という立場で働くということです。
自分の好みを貫いた結果、取引先やお客様の印象が悪い方向へ変化してしまったら、新入社員では到底責任を取ることができません。

入社した企業が自由な社風を掲げており、積極的に個性的な名刺入れの利用を推奨している場合は別ですが、先輩社員や上司が積み上げてきた企業イメージを崩さないように、シンプルな名刺入れを使いましょう。

どうしてもデザイン性の高い名刺入れを利用したい場合は、副業用やプライベート用の名刺を作って活用するのもおすすめです。

取引先や上司によってはハイブランドの名刺入れもNG

理不尽なポイントではあるものの、いわゆるハイブランドで購入できる名刺入れも、できるだけ避けましょう。
新入社員の段階で高い時計や高いスーツ、高い名刺入れを使っていると、所有物に対して突っかかってくる人が一定数いるからです。

社会に出ると、自分には一切非がないにも関わらず、頭を下げることを求められる機会が増えます。
取引先やお客様、同僚や上司の全員が人格者であるという保証はないため、上手に世渡りをしたいなら、ハイブランドを避けたほうが無難です。

アルミ?革?素材選びに迷ったら革製の名刺入れがおすすめ

世の中には、

  • アルミなどの金属
  • 木製・竹製

など、さまざまな素材の名刺入れがあります。
名刺入れの選び方に失敗したくない場合は、革製の商品がおすすめです。水にも強い合皮は、普段の管理が楽ですし、本革もお手入れさえしておけば、数年間使用できます。

どちらを買うか迷ったら、本革の名刺入れを選びましょう。
本革製の名刺入れは、使い続けるうちに色が落ちたりなじんだりして味が出てきます。
革靴などの革製品を手入れする際の練習台としても使えるなど、本革製の名刺入れは新入社員にとって多くのメリットがあります。

営業職なら見た目と同じくらい名刺の収容量にもこだわろう

営業職への配属が決まっている場合は、できれば30枚以上名刺を収納できる名刺入れを購入しましょう。
外回りや取引先とのやり取りが多い営業職は、大きなパーティーや会合があると、一度に数十人と名刺交換をすることも少なくありません。

容量の小さな名刺入れを使っていると、名刺交換の途中でもらった名刺を持て余してしまいますし、そもそも自分の名刺を切らしてしまうリスクがあります。
営業マンなら、名刺をたくさん入れておける名刺入れを選んだほうが便利です。

名刺入れのなかに仕切りがあると名刺の管理が楽になる

名刺入れのなかに仕切りがある商品を選ぶと、自分の名刺ともらった名刺をわけて保存することができます。
帰社してから名刺を整理したり、名刺を補充したりする際にも便利なので、仕切りのついている名刺入れを選びましょう。

CONTACT

お客さまが抱える課題をはじめ、名刺に関わることであればなんでもお気軽にご相談ください。
後日、担当者からメールまたは電話にてご連絡いたします。

TEL:03-5396-3620[ご相談窓口 平日10:00〜18:00]