海外と日本、名刺交換マナーの違いとは

ビジネスの場において、海外の方と一緒に仕事をする機会があると、名刺交換での相手の作法に戸惑うことがあるかもしれません。ですが、海外の方と一緒に仕事をする機会があるのなら、日本と海外ではビジネスマナーも、そして名刺の考え方もかなり違っているということを理解しておく必要があるでしょう。

そこで今回は、日本での名刺交換と海外の名刺交換の違いについてご紹介します。

名刺は日本では大切にされるが、海外では相手の情報を知る程度のもの

まず、日本と海外では、ビジネスシーンにおける名刺の位置づけがかなり違うということを知っておかなければなりません。

日本では名刺を非常に大切なものとして扱いますよね。また、交換の際にも様々なマナーがあり、これを守れていないと非常識だと思われてしまいます。一方で、海外では、日本ほど名刺を大切に扱いません。名刺はあくまで相手の連絡先や情報を知る程度のものとしての認識です。

名刺交換における日本と海外のビジネスマナーの違い

日本の名刺交換では、相手の名刺の社名や名前の上に指を置かない、目上の方よりも先に名刺を出す、相手が出した高さよりも低い位置で名刺を出す…など、これ以外にも実に様々なマナーが存在しますよね。しかし、海外と日本では、名刺交換でマナーと考えられていることに違いがあります。

以下では、そんな違いをチェックしていきましょう。

海外では名刺をいきなり渡すのはマナー違反!名刺交換は会話の後

海外と日本の名刺交換で大きく違うのは、そのタイミングです。日本では初対面でいきなり名刺を渡すのは当然の光景ですが、海外ではこのように会話もしないうちにいきなり名刺を差し出すことはマナー違反です。相手が目上の方の場合、失礼にあたるので注意しましょう。

まずは挨拶をして、相手の目をしっかり見て握手をしましょう。握手をする際は基本的に目上の方が手を差し出してからです。誠意を見せるためにも、しっかり相手の手を握るようにしましょう。それから必要であれば名刺を交換し、相手の近況や仕事について尋ねるなど、「スモールトーク」と呼ばれる簡単な会話を楽しみます。

海外では、名刺を渡すよりもまず会話で親しくなることが大切だと考えられています。名刺に書かれている情報に頼らずに、相手から直接情報を聞いて相手のことを知ることが重要なのです。海外では、名刺交換よりもこのようなアイコンタクトやスキンシップの方がビジネスに置いて重要と考えられています。最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、海外の方とも円滑にビジネスを進めていくためにも練習しておくとよいでしょう。

海外では名刺をポケットに入れる・裏にメモをとるなどは普通のこと

日本ではポケットや財布から名刺を出したり、もらった名刺に書き込みをしたり、すぐしまったりすることはマナー違反とされ、名刺入れを持ち歩く必要がありますよね。

ですが、海外では名刺をそのままポケットに入れたり、裏にメモをとったりすることはよくある光景です。粗末に扱われたからといって、ショックを受けたり、驚いたような表情を見せたりするのはやめておきましょう。

海外では名刺を見て相手の名前やアクセントを聞くことも失礼にあたる

海外では、交換した名刺をじっくり見て相手の名前の発音、アクセントを聞くことも失礼にあたります。名刺に書かれている情報から読み取るのではなく、このような情報は相手との会話の中から取得するようにしましょう。

日本と海外の名刺交換の違いを理解し仕事をスムーズに進めよう

日本と海外の名刺交換におけるマナー、文化の違いについてご紹介いたしました。

日本では名刺自体をその人そのもののように大切に扱わなければならないというマナーがありますが、海外では名刺はあくまで簡単に相手の情報を得るためだけのアイテムです。

海外の方と一緒に仕事をするようになるとこのような文化の違いに驚くこともあるかもしれませんが、仕事をスムーズに進めるためにも、海外とのマナーの違いを理解しておきましょう。

CONTACT

お客さまが抱える課題をはじめ、名刺に関わることであればなんでもお気軽にご相談ください。
後日、担当者からメールまたは電話にてご連絡いたします。

TEL:03-5396-3620[ご相談窓口 平日10:00〜18:00]